「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1980年代におけるMLBドラフト全体1位は誰だった?

2017 7/10 10:25cut
野球ボール、バット、ヘルメット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by razorbeam/Shutterstock.com

1965年から始まったMLBのドラフト制度も15年が経過し、各球団ともに対策を練り失敗も減ってきた。その結果が「全体1位」から殿堂入り選手の輩出だろう。今回は、殿堂入り選手を輩出している1980年代の全体1位を紹介する。

1980年代のドラフト全体1位指名選手は誰がいた?

1980年代のドラフト全体1位選手は、球史に残る名選手を輩出している。その一人がケン・グリフィー・ジュニア選手だ。父であるケン・グリフィー・シニア選手とともにプレーするなど、二世選手として人気も誇り、野球殿堂入りも果たした。
また、メジャー昇格を果たせなかった選手はおらず、全員がメジャーリーグで試合に出場している。

【1980年代全体1位選手一覧】
1980年:ダリル・ストロベリー選手(ニューヨーク・メッツ)
1981年:マイク・ムーア選手(シアトル・マリナーズ)
1982年:ショーン・ダンストン選手(シカゴ・カブス)
1983年:ティム・ベルチャー選手(ミネソタ・ツインズ)
1984年:ショーン・エイブナー選手(ニューヨーク・メッツ)
1985年:B.J.サーホフ選手(ミルウォーキー・ブルワーズ)
1986年:ジェフ・キング選手(ピッツバーグ・パイレーツ)
1987年:ケン・グリフィー・ジュニア選手(シアトル・マリナーズ)
1988年:アンディ・ベネス選手(サンディエゴ・パドレス)
1989年:ベン・マクドナルド選手(ボルチモア・オリオールズ)

1980年:ダリル・ストロベリー選手

1980年の全体1位は、ニューヨーク・メッツが指名したダリル・ストロベリー選手だった。
1983年にメジャーデビューを果たすと、初年度から打率.257、26本塁打、74打点の成績を残し、新人王を獲得する。全体1位指名選手が新人王を獲得するのは、ボブ・ホーナー選手以来2人目のことだった。
1988年には本塁打王に輝くなど強打者として成績を残し、1990年までメッツで活躍。その後は数チームを渡り歩き、1999年に現役を引退した。17年間の現役生活で通算1401安打を放っている。

おすすめの記事