「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

イチロー選手や工藤公康氏を輩出!愛工大名電高校野球部の歴史

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

愛知県の愛工大名電は、イチロー選手や工藤公康氏を輩出した名門校で、他にも多くのプロ野球選手を輩出している。愛工大名電の甲子園の成績や野球部の歴史を紹介する。

愛工大名電の歴史

愛工大名電高校野球部は1955年に創部した。名古屋電工という名称だった1968年の春の甲子園に初出場。初出場ながらベスト8に進出している。夏の甲子園に初めて登場したのは1974年だ。1977年には名古屋電気という名称で2回目の春のセンバツ出場。
1981年には夏の選手権大会で、工藤公康氏を擁してベスト4に輝いている。1983年4月から現在の名称の愛知工業大学名電高等学校になった。2017年春現在、春のセンバツ9回、夏の選手権大会11回の出場を誇っている。

惜しくも栄冠ならず。2004年春のセンバツ高校野球

甲子園に出場するもイマイチ勝ち進めなかった愛工大名電に、初の甲子園制覇の期待がかかったのは2004年の春のセンバツだ。愛工大名電は1回戦で、京都の立命館宇治を5対4の接戦で退けると、2回戦は危なげなく岡山県の岡山城東を9対2で制する。
準々決勝も危なげなく、秋田県の秋田商を7対1と退けると、準決勝は兵庫県の社と対戦する。この年の愛工大名電は小技に優れたチーム。この試合でも計13個のバントで、社の守備陣を揺さぶりエラーを誘う。結果的に3対2で勝利し、決勝に進む。
決勝は宇和島東で優勝経験もある名将上甲正典氏率いる済美高校。済美高校は後に広島カープにドラフト1位指名される福井優也投手やヤクルトスワローズで活躍する鵜久森淳志選手がいた。愛工大名電は6対7とわずかに及ばず準優勝に終わる。

おすすめの記事