「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

慶応野球部の歴史を紹介~甲子園で活躍できるポテンシャルは絶大!

2017 3/29 18:30TANANA
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

首都圏でも偏差値上位の難関校として知られる慶応。 学問の実績に注目が集まりがちだが、野球部に関しても数回の甲子園出場を果たすなど全国レベルの力を有している。 今回は、その慶応野球部を色々な角度から紹介していきたいと思う。

文武両道を実践する慶応の特色を紹介

慶応は1948年に創立された。例年2000人前後の生徒が在籍するマンモス校であり、部活動もスポーツ系、文科系ともに非常に種類が多く、全国レベルの実績を持つクラブも少なくない。
硬式野球部もその例に漏れず、これまで春夏合計8回甲子園に出場している古豪として全国的に有名だ。「エンジョイ・ベースボール」をモットーとし、型にとらわれない自由で伸び伸びとしたプレーを心がけているのが特徴となっている。

慶応野球部の甲子園大会における実績を解説

高校野球夏の全国大会における神奈川県予選は、全国でも最激戦区と呼ばれており、近年では200近い参加校が原則1枚の甲子園への切符をかけて争わなければならない。
そんな中、慶応は春4回、夏5回出場の実績を誇っている。1962年以来甲子園出場が途絶えていたが、21世紀に入り春3回、夏1回の出場を果たし、最高位はベスト8が2回となっている。 2008年には夏の大会でベスト8に進出したほか、同年の神奈川県秋季大会、関東大会でそれぞれ優勝している。

おすすめの記事