「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

奇跡のバックホームでおなじみ・松山商業高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by akihirohatako/Shutterstock.com

第1回選抜高校野球にも出場している松山商業高校野球部は、春夏通算7度の優勝を誇る名門校だ。戦績や輩出選手に注目しよう。

OGにはアテネオリンピック代表の土佐選手

松山商業は1901年創立の歴史ある高校で硬式野球部の他にも陸上競技部、サッカー部などが全国大会に出場を誇る。プロ野球選手以外の著名人も輩出しており、アテネオリンピックで女子マラソン代表として5位入賞を果たした土佐礼子選手も同校の出身だ。
また、硬式野球部は「四国四商」として高知県の高知商業、徳島県の徳島商業、香川県の高松商業の三校と共に四国の歴史ある商業高校として高校野球ファンに親しまれている。

春夏通算7回の甲子園制覇

松山商業が初めて甲子園に出場したのは、1919年夏の選手権だ。この大会から6大会連続で出場するなど、1920年代前半は四国地区の王者として君臨していた。
春の選抜は1924年の第1回大会から出場し、第2回大会では初優勝を成し遂げた。その後も甲子園で好成績を残し、2016年終了現在で春2回、夏5回の優勝を誇り、春夏通算60勝を挙げている。また、大正、昭和、平成と3つの元号で優勝を飾っている唯一の学校だ。

おすすめの記事