「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

天覧試合も開催した静岡高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

静岡県内で最多となる39回の甲子園出場を誇る静岡高校。かつては天覧試合が行われたこともある歴史と伝統のある高校の歴史を追ってみよう。

130年以上の歴史を誇る名門

静岡高校は1878年に創立された、130年を超える歴史のある高校。全国的には「静高」(しずこう)の愛称で親しまれている。また、昭和天皇が1930年、1946年と2度の視察に訪れた由緒正しき学校だ。
サッカー王国でもある静岡県の高校ではあるが、サッカーよりも硬式野球部、バスケットボール部に力を入れており、両部ともに全国優勝を果たしている。歴史の長さから多くの著名人を輩出しており初代国鉄総裁となった下山定則氏も静岡高校出身だ。

優勝1回、準優勝2回の強豪

静岡高が初めて甲子園に出場したのは、1924年夏の選手権大会だった。この年は、甲子園球場がオープンし、初めて甲子園で選手権大会が行われるようになった年でもある。初出場では予選敗退となるが、翌年はベスト8進出。2年後となる1926年には3度目の出場で初優勝を飾っている。
以降の優勝経験はないが1960年、1973年と夏の選手権で2度の準優勝を達成した。1973年決勝で対戦したのは達川光男元広島監督が在籍していた広島商で、サヨナラ負けを喫している。

おすすめの記事