「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球はこの高校が作り上げた!?市岡高校野球部(大阪)の歴史

2017 3/16 18:28Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee / Shutterstock.com

大阪といえば高校野球では全国屈指の強豪地区だ。 しかし歴史を見ると、その先陣を切ったのは1つの公立高校だった。大阪府立市岡高校。古くからの野球ファンならご存じの名前かと思う。 市岡高校野球部の歴史について紹介する。

全国でも屈指の伝統を誇る市岡高校野球部

大阪府立市岡高校は、1901年に創立された。野球部の創部はその5年後の1906年のこと。すでに110年以上の歴史を誇る、伝統的な野球部だ。大会には1915年の第1回大会から出場しており、以降毎年欠かさず出場している。実は第1回大会から皆勤出場している高校は意外と少なく、全国では15校、大阪では市岡高校しかない。全国大会へは翌1916年の第2回大会に出場しており、このときは準優勝の成績を収めている。
その後も春の選抜には11度、夏の選手権には10度出場しており、春夏合わせて21度の甲子園出場。これはPL学園、大体大浪商に次いで大阪府内で3位の記録だ。2013年には夏の大阪大会で通算200勝も達成。積み重ねてきたその実績は、府内どころか全国でもトップクラスだろう。

大阪の公立として最後に甲子園に出場

ちなみに、最後に甲子園に出場したのは1995年の春だ。この年は前年の秋季大会で準優勝ながら、近畿大会で1勝を挙げ、PL学園ととも春の選抜出場校に選ばれた。甲子園では銚子商業を相手に延長10回の熱戦を繰り広げたものの、最後は投手が力尽きて5-8で敗戦。
同年の夏の大阪大会では、決勝まで進出するものの、PL学園に敗北してしまい準優勝。惜しくも春夏連続出場とはならなかった。ちなみに、この時に決勝打を放ったのが、当時PL学園の4番で、現在は阪神タイガースで活躍する福留孝介選手だ。
また、大阪の公立高校として最後に甲子園へ出場したのは市岡高校だ。夏の大会だけに限ると、当時中村紀洋さんが在籍していた渋谷(しぶたに)高校が1990年に出場したのが最後だが、春夏を合わせるとこの95年選抜の市岡高校が最後なのだ。この強豪ひしめく大阪では難しいかもしれないが、やはり彼らがもう1度甲子園の土を踏むところを見てみたいものだ。

おすすめの記事