「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球好きなら知っておきたい中学硬式野球の名門チームとは?

2017 2/16 10:10
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Suzanne Tucker/Shutterstock.com

現在、中学硬式野球が注目を浴びている。 それは、甲子園に出場している選手の多くがボーイズリーグ、リトルシニアリーグといった中学硬式野球リーグ出身だからといえる。中学時代から目立っている選手やチームに注目してみる。

中学硬式野球事情とは

中学硬式野球には6つのリーグがある。ボーイズリーグ、ヤングリーグ、リトルシニアリーグ、ポニーリーグ、フレッシュリーグ、ジャパンリーグの6リーグ。この6リーグの中でもレベルが高いのが、ボーイズリーグとリトルシニアリーグとなっている。
リーグを超えた中学硬式野球日本一を決めるジャイアンツカップの優勝チームは、過去10年でボーイズリーグが8回、リトルシニアリーグが2回と他のリーグを圧倒していた。高レベルの選手が集まることでリーグのレベルが上がる好循環が生まれているため、このような現象が続いている。

日本一有名な硬式野球チーム”枚方ボーイズ”

現在、中学硬式野球クラブで一番有名といえるのが大阪府の枚方(ひらかた)ボーイズです。枚方ボーイズは今年のドラフトでも松尾大河選手(秀岳館→DeNA3位)、九鬼隆平選手(秀岳館→ソフトバンク3位)の2名が指名されている。中学硬式野球の日本一を決めるジャイアンツカップでの優勝は4回となっており、2016年現在で最多だ。
枚方ボーイズの鍛治舎巧監督は指導力に定評があり、多くの中学生が集まってきた。その鍛治舎監督は、現在は秀岳館高校の監督となっており、チームの弱体化が懸念されたが、その後もさまざまな大会で優勝を飾っており、強さは健在だ。

おすすめの記事