「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

四国で期待のかかるバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの全国での活躍が期待される「高知県立高知西高校」

高知県立高知西高校は、現役でも東京学芸大学など名門大学に合格者を出す、きめ細やかな教育体制に定評があります。
部活動でも男女ともにバドミントン部は強豪です。平成25年には高知高等体育大会で男子団体は優勝してインターハイまで勝ち進みました。春季大会でも男子シングルスで廣田選手が準優勝という好成績を収めています。女子も県大会で準優勝し、四国大会にコマを進めました。高知県、そして四国代表として活躍することが期待されています。

県下敵なしの「徳島県立徳島商業高校」

急速なスピードで進化を続けるネットワーク業界やマーケティングビジネスに対応できる専門性の高い人材を育成する徳島県立商業高校。各部活動に所属する生徒は、さまざまな活動を通して地元とも親交を深めています。
そんな地元の応援を受けながらバドミントン部は躍進を続けます。男子は平成28年度には総体で団体・ダブルス・シングルスすべてで優勝する完全制覇を達成。全国にコマを進めています。女子も同大会で団体準優勝を果たし、男女ともに結束の強さを他校に見せつけました。

全国で確実に成果を残す「徳島県立城東高校」

徳島県立城東高校は、県内にある徳島大学の医学部と協力して体験実習を開催したり、姉妹交流校から外国人留学生を受け入れるなど、学生のうちからさまざまな分野に生徒の目を向けることで個性を引き伸ばす教育を行っています。
そんな徳島県立城東高校の女子バドミントン部は、全国的にも強豪校です。平成28年度の総合体育大会では13年連続団体優勝と常に力を発揮しています。シングルスも中瀬選手が準優勝、ダブルスでは四宮・岡田ペアが優勝という偉業を達成しました。

まとめ

人気の高まっているバドミントンですが、特に四国で見逃せない強豪校5校を紹介しました。 四国は豊かな自然を活かした地域と密着した活動の多い高校が数多くあります。 のびのびとした環境の中で練習に取り組むことで、より一層の技術の向上や人間としての成長も促進できるのかもしれません。

おすすめの記事