「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

九州・沖縄で注目したいバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by l i g h t p o e t/Shutterstock.com

日本人選手の国際大会での活躍がメディアで取り上げられ、東京オリンピックでもメダルラッシュが期待されるバドミントン。 自分の子供もオリンピック選手にという親が増え、子供の競技人口も増加しています。 そこで今回は、九州・沖縄で注目したいバドミントンの強豪校をご紹介します。

佐賀で無敵の強さを誇る「佐賀県立唐津南高校」

佐賀県立唐津南高等学校は、生産技術科・食品流通科・生活教養科の3つのコースを設置し、産業のスペシャリストを育成する日本でも珍しい県立高校です。教育活動の一環として部活動にも力を入れています。
特にバドミントン部の活躍は圧倒的です。平成28年度の高校総体佐賀県予選では男子が9年連続14度目の優勝を手にしました。平成28年より深村監督が指導に当たっていますが、少数精鋭で質の高いトレーニングを毎日行っています。

全国から男子有名選手が集まる「自由ヶ丘高校」

福岡県自由ヶ丘高校は、東京大学をはじめとした日本最難関大学を目指したスーパー特進クラスを設けるなど、生徒一人一人に確実な学力アップのためのサポート体制が整っています。
部活動にも力を入れていて、特に男子バドミントン部は日本中から有力選手が集まってきます。体育館内にバドミントン部専用のトレーニングスペースを設けるなど、充実した練習環境が整っており、毎日選手たちが技術向上のために汗を流します。平成28年度は九州バドミントン競技会の個人ダブルスで笹川・大槻ペアが3位に入り、これから全国区での活躍に期待がかかります。

名将が指揮をとる「熊本県立八代東高校」

八代東高校は県立高校ですが、スポーツコースも設置して文武両道を推奨している学校です。
バドミントン部は熊本高校総体19連覇中と圧倒的な強さを誇ります。指揮を執るのは名将・権藤浩二監督で、日本男子で初の快挙となった世界大会優勝メンバーである橋本選手などを育成した監督でもあります。基本の練習を集中して行うことでプレーの質の向上を目指します。平成27年度には東京オリンピック育成指定選手に4名が選出され、未来のメダリストが生まれるのが楽しみです。

長崎の頂点に君臨する「長崎県立西陵高校」

長崎県立西陵高校は、豊かな自然に囲まれたのびのびとした環境が自慢の高校です。1クラスに2人の担任の先生が割り当てられるので、より細やかな対応が可能になります。
男子バドミントン部はそんな広い敷地を活かして、十分な練習スペースの中で林監督のもとトレーニングに励みます。林監督が赴任した当時は決して強豪校ではありませんでしたが、今では常に全国大会にも出場する強豪校です。毎朝のランニングなど練習も厳しいですが、全国ベスト8を目指して「挑戦者の躍動」をモットーに努力を重ねています。

県王者の風格ある「沖縄県立沖縄水産高校」

沖縄県立沖縄水産高校は、日本でも珍しい漁業科を設置した県立高校です。実習船を用いて実際に漁に出かけることもあり、カヌーやヨットなどの水上競技の強豪校です。
バドミントン部も男女ともに沖縄県の強豪校のトップに立ちます。平成28年度に男子バドミントン部は団体優勝・ダブルス優勝・シングルス優勝の完全制覇を果たし、特にシングルスの上原選手は3冠を達成しました。女子もシングルスで金城選手が優勝しています。県王者の選手たちの九州大会・全国大会での活躍が期待されます。

まとめ

九州・沖縄で外すことのできないバドミントン強豪校を5校ご紹介しました。 九州には何度も高校総体を制してきた監督の指揮する高校や、少数精鋭の高校など、練習が充実した高校が多いようです。 東京オリンピックの指定選手に選ばれている選手もいるので、これからの活躍に注目しましょう。

関連記事

おすすめの記事