「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヘアピンを制すればバドミントンの試合を制する!ヘアピン上達のコツ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by BUGNUT23/Shutterstock.com

試合の中で一番繰り出すのが難しいヘアピン。ミスをしがちな人も多いのではないでしょうか?でもヘアピンが上手くなれば試合を制することが出来ます。上達のコツと練習方法をご紹介します。

バドミントンのショット・ヘアピンとは?

ヘアピンとは、ネット間際から相手のコート側のネット間際に落とすようにするショットのことです。ヘアピンはネットと呼ばれることもあります。
バドミントンのショットの中で一番球の力がないのですが、際どく入れていくことができれば返球が難しいショットとなります。逆にちょっとでもシャトルが浮いていると相手にプッシュされやすくなってしまいます。
ただこのヘアピンを極めることが出来れば、バドミントンが今まで以上に上達する可能性を秘めています。

ヘアピンの打ち方について

まずヘアピンの打ち方から見ていきましょう。ヘアピンは指と手の感覚を頼りに打つショットです。ヘアピンを上達させるためには、スマッシュ時にも必要とする筋力やバネなどを上手く使用することです。ネットを越させるショットとは違い、繊細な手と指先の感覚で打つことが重要です。そうすれば浮かない完璧なヘアピンが打てるようになります。
他に重要となってくるのが、足の重心です。安定したヘアピンを打とうと思うと、手や腕の感覚だけではどうにもなりません。足の重心をしっかりさせることも重要になります。ヘアピンを打つ時に、足の重心が後ろのほうにあると、ヘアピンがネットにかかります。
逆に足の重心を前のほうに持ってくると、手に力を入れることなくヘアピンがネットすることなく相手コートに入ります。

おすすめの記事