「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドライブを使いこなしたい!バドミントンの上達のコツ5つとは?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kairosnapshots/Shutterstock.com

バドミントンを練習している方へ。 「もっとドライブをマスターしたい!」と考えている人のために、 今回は「ドライブがうまくなる上達のコツ5つ」をご紹介します。

ドライブの心得は、力強さよりもコントロール重視

ドライブはスピードがあるので、スマッシュと並ぶ「攻撃の要(かなめ)」です。ネットに当たるか当たらないかの「きわどいショット」を決めると、試合も有利になります。ドライブでは、力を入れ過ぎると、シャトルが浮いてリターンされてしまいます。必ず床と平行になるドライブを心掛けて、コート奥の両サイドを狙いましょう。練習でも、スピード感を出そうとして腕の振りを意識するよりも、理想の軌道を描くショットを意識してください。

フォアでドライブを打つときの、上達のコツ

フォアハンドでドライブを打つときは、「肘の使い方」「手首の使い方」「シャトルを捉える位置」に注意しましょう。フォアハンドのドライブは、肘を支点にして、手首を内側に持っていく動きが大切です。シャトルを捉えるのは、体の斜め前が理想となります。「床と平行になるショット」が打てるタイミングを、練習の中で見つけてください。
このとき、「ネット上の白線」を目標にしてドライブを打てば、直線を描くショットになりやすいです。フォロースルーは、「小さく」を意識しましょう。すぐに体勢を整えることができて、リターンにも備えられます。

おすすめの記事