「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントンのラケットの選び方

2016 12/9 12:03
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sippakorn / Shutterstock.com

バドミントンをこれから始める方も、今以上のプレーがしたいと思っている方にも参考になる、より良いラケットを選ぶポイントをご紹介します。

ラケットの重心について

ラケットの重心位置は、先端、真ん中、グリップ側と大きく分けて3つのタイプがあります。先端にあるものは、ヘッドヘビーといい、遠心力を使うことで力強いショットが打てるので、重くて早いスマッシュ打つことができます。真ん中に重心があるのは、オールラウンドタイプでバランスが良いので初心者向きです。
また、グリップ側に重心があるものは、ヘッドライトといい、ショットの振り抜きが良いので、カットやドライブという素早い攻撃ができるので、テクニック派に向いています。

ラケットのフレームについて

フレームの形状は、タマゴ型、アイソメトリックなどがありますが、スィートスポットが広いアイソメトリックが主流です。フレーム厚については、ノーマル、ワイドボディ、スリムなどの種類があり、打った時の力の伝わり方や感じ方が違います。ノーマルと比べて、ワイドボディは前面から、スリムボディは、側面からの空気抵抗が小さくなります。
また、フレームの硬さは、球の弾き具合や、球持ちの長さなどに関係していて、コントロールのしやすさにつながります。

おすすめの記事