「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第50回全日本大学駅伝④ 関東地区選考会突破組にも実力校はいる

2018 10/29 07:00鰐淵恭市
ランナー,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

大型ランナーがエースの法政大

各大学8人の1万メートルのタイムを合計して争われる全日本の関東地区選考会。通過した8校とそのタイムは以下の通りである。

①法政大  4時間6分9秒
②国学院大 4時間6分21秒
③城西大  4時間6分51秒
④明大   4時間7分15秒
⑤帝京大  4時間7分24秒
⑥日体大  4時間8分19秒
⑦順大   4時間8分48秒
⑧日大   4時間8分53秒

トップで通過したのはオレンジ色のたすきで知られる法政大だ。

昨季は出雲で途中棄権、全日本は10位だったが、箱根では6位でシード権を獲得。それを、全日本の関東地区選考会につなげ、チームは勢いに乗っていたが、今季の学生駅伝開幕戦となった出雲は12位とふるわなかった。

エースは190センチの長身ランナー、坂東悠汰(4年)。5000メートルでチームトップの13分47秒26の記録を持つ。ただ、今年の箱根2区では区間14位、出雲1区では15位と駅伝ではいま一つ力を出し切れていない。坂東の走りがチーム浮上のカギを握る。

坂東に加え、今年の箱根の山上りの5区で区間賞を獲得した青木涼真(3年)、1万メートルで28分35秒98の記録を持つ佐藤敏也(3年)がチームを牽引する。指導するのは、実業団のコニカ(現・コニカミノルタ)時代に世界陸上出場経験もある坪田智夫監督。学生3大駅伝での優勝経験はないが、着実に力をつけている。

おすすめの記事