「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第50回全日本大学駅伝① 区間距離変更がもたらす影響とは

2018 10/26 07:00鰐淵恭市
ランナーたち
このエントリーをはてなブックマークに追加

前半偏重型から後半偏重型へ

大学駅伝日本一を決める「全日本大学駅伝対校選手権」は今年、50回目の節目を迎える。半世紀の歴史を数えるこの大会は、11月4日(日)に例年通り、名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮のコースで行われるが、今年は大きな改革が行われた。8区間、106.8キロで行われることに変わりはないが、七つの区間で距離が変更された。そのことがレース戦略にどんな影響を及ぼすのだろうか。

まずは、これまでの区間距離と新しい区間距離を比較してみる。

【キーワード】


表の通り、最終8区以外は全て距離が変わっている。また、区間の距離を長い順に並べると次のようになる。

旧:8区、1区、4区、2区、6区、7区、5区、3区
新:8区、7区、6区、5区、3区、4区、2区、1区

一目瞭然だが、昨年までは前半に長い区間が多く、今年からの新区間では後半に多い。事実、旧区間では13キロ以上の区間が四つあったが、そのうち三つが前半の4区までにある前半偏重型だった。ところが、新区間では13キロ以上の区間は二つだけで、その二つが最後の2区間になる。また、12キロ以上でみると、後半の4区間だけになり、新区間は後半偏重型になっていると言える。

この変更がいかなる変化をもたらすのだろうか。

おすすめの記事