「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第50回全日本大学駅伝② 3強の争いも、青学が一歩リード

2018 10/27 07:00鰐淵恭市
マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

新区間距離になった全日本大学駅伝の優勝候補は?

50回目の節目を迎える全日本大学駅伝には、25の大学とオープン参加の2チームが出場する。新しい区間距離になった全日本を制するのはどのチームなのか。今回は出場チームの中で優勝候補と言われる3強を紹介する。

青学が史上初の2度目の三冠へ

近年の大学駅伝界を引っ張る青山学院大が今年の優勝候補筆頭だろう。学生三大駅伝で最もスピードが必要で、青山学院大にとって一番難しいと思われていた10月の出雲駅伝。ここで2年ぶり4度目の優勝を果たした。それも、1区途中から一度もトップを譲らない「完勝」だった。全日本でも2年ぶり2度目の優勝を十分に狙える。

今年の青山学院大には絶対的なエースはいないが、駒はそろっている。主将の森田歩希(4年)は2年生の時の全日本6区、3年生の時の箱根2区で区間賞を獲得。小野田勇次(4年)も2年生の時の全日本5区と3年生の時の箱根6区で区間賞、林奎介(4年)は3年時の箱根7区区間賞と、最終学年には結果を確実に残してきた選手がいる。今年の出雲では小野田と林は走っていないが、距離が少し長くなる全日本では出場の可能性は十分にある。

さらに箱根ほど長くない全日本では十分活躍できるスピードのあるランナーも育ってきている。今年の出雲の1区で区間賞を獲得した橋詰大慧(4年)は5000メートルの青山学院大記録となる13分37秒75をマーク。生方敦也(3年)は関東インカレ2部の1500メートルを制した。

そして、青山学院大を率いるのは、チームを強豪校に育てた原晋監督。原監督の素晴らしさは目の前の大会を勝ちながら、チームを育てるところにあるだろう。もちろん、それを可能にする選手層の厚さがあるのだが、それをいかす力が指揮官にはある。

今年の出雲はそれが顕著だった。スピードのある橋詰、生方を使い、結果を残した。さらには、将来のエース候補である吉田圭太(2年)を使い、区間賞を獲得。吉田はこれで、全日本や箱根で使えるめどが立った。原監督は目の前の大会を戦いながら、次の大会のことや数年先のことまで考えて、選手を起用している。

絶対的エースがいないと言ったが、今年の青山学院大はそこが強みかもしれない。1人の力に頼る必要はなく、粒ぞろいの選手が力をあわせれば勝てるだけのポテンシャルがある。全日本を制して、史上初の2度目の学生駅伝三冠に前進するのではないだろうか。

おすすめの記事