「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第50回全日本大学駅伝③  3強を追うシード校

2018 10/28 07:00鰐淵恭市
ランナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

3強を追う注目のシード校

11月4日開催の第50回全日本大学駅伝。史上初の2度目の学生駅伝で三冠を狙う青山学院を筆頭に、東洋大、東海大の3強が優勝候補と言われる。その優勝候補を追うチームを紹介する。

復活なるか、平成の王者・駒澤大

「3強」を追う一番手は、昨年4位でシード権を獲得した駒澤大だ。

平成に入って出雲で3度、箱根で6度、全日本では12度の優勝。大学駅伝界を引っ張った「平成の王者」も近年は青山学院大、東洋大の後塵を拝するレースが続いている。全日本では過去3年優勝がないが、この空白期間は第30回大会での初優勝以来、最長となる。

今年は、かつてのメンバーである村山謙太(現・旭化成)のようなエースは不在だ。ただ、昨年のユニバーシアードのハーフマラソンで金メダルを獲得した片西景(4年)は健在。ほかにも5000メートルで14分を切るタイムを持つ下史典(4年)、物江雄利(4年)、山下一貴(3年)など、しっかりと走れる選手はそろっている。事実、10月に行われた箱根の予選会はトップで通過した。

チームを率いるのは駒澤大を強豪に育てた大八木弘明監督。ヘッドコーチには、チームの礎を築いた藤田敦史がいる。全日本においては過去に4連覇1度、3連覇1度を果たしており、今年もその相性の良さを見せることができるか。

おすすめの記事