「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知っておきたい日本陸上競技選手権大会の見どころ

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
日本陸上競技選手権大会,棒高跳び
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Lilyana Vynogradova/Shutterstock.com

陸上ファンにとってはおなじみの日本陸上競技選手権大会。日本陸上界最高峰の大会であり、毎年様々なドラマが繰り広げられる。今回は、日本陸上競技選手権大会の概要や見所などを解説していく。

日本陸上競技選手権大会の歴史

日本陸上競技選手権大会は一般には「日本選手権」と呼ばれる大会で、日本の陸上競技界の中では最高のタイトルといえる。
その歴史は古く、第1回大会は、1913年11月に19種目の大会として開催された。100m走などの今でも続いている競技のほかに、当時は独自の競技も行われていて、助走をせずに飛ぶ「立高跳び」「立幅跳び」などもあった。第二次世界大戦の影響で中断した時期もあるが、長く開催されている大会で、2016年には記念すべき第100回大会が愛知県名古屋市で行われた。

日本陸上競技選手権大会の概要

日本陸上競技選手権大会はもともと首都圏開催だったが、1996年以降は第1種公認陸上競技場がある都道府県で持ち回りで開催している。メインとなるトラック競技、フィールド競技は6月に一つの競技場でまとまって開催される。
マラソン、競歩、リレー、クロスカントリー、混成競技(十種、七種)は別の大会があてがわれたり、別の競技会が開催される。このあたりは知らないと自分の好きな競技が見つからないことになるので注意してほしい。
メイン大会では、短距離走、中距離走、長距離走、跳躍競技、投擲競技がひとつの競技場でプログラムに従って進行していく。

おすすめの記事