「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学駅伝の裏方はどんな人?駅伝部・陸上競技部のマネージャーとは?

2017 2/9 09:26
マラソン、選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel1964 / Shutterstock, Inc.

毎年見るものを熱くさせてくれる大学駅伝。各チームの裏には、選手をサポートするマネージャーの存在が欠かせません。大学の駅伝部(陸上競技部)のマネージャーとは、一体どんな人達が行っているのでしょうか。今回はマネージャーについてご紹介したいと思います。

駅伝部、陸上競技部のマネージャーになるには?

大学の駅伝部(陸上競技部)は、部員同様にマネージャーも募集していることがほとんどです。大学によって条件は違いますが、強豪校になればなるほどハードルは高く、誰もがなれるわけではありません。
高校時代の陸上競技経験が必要な大学もあるのです。高校時代に部活動として駅伝もしくは長距離の経験があったほうが、選手の気持ちを理解できる強みとなるので、経験があったほうが良いといえます。そして、大会、合宿などで遠征も多くなるため、費用面の工面ができることも重要です。

駅伝部、陸上競技部マネージャーにはどういう人がなる?

大学の駅伝部のマネージャーになる人に多いのは、高校時代に駅伝や長距離を経験している元選手が、マネージャー希望として入部するケース。強豪校では、選手登録を目指して入部したものの、残念ながら実力及ばずにマネージャーへ転身する選手も少なくありません。大学駅伝の集大成となる箱根駅伝を目指していた選手が、マネージャーに転身して選手をサポートする側に回ることに対して葛藤を抱くこともあります。
このように、多くは選手を経験していることがほとんど。マネージャーは選手の気持ちに共感できるのが大事だといえそうです。

おすすめの記事