「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学三大駅伝って?〈2〉~大会の特徴は~

2016 10/31 16:16きょういち
【画像代替キーワード】
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典www.nittai.ac.jp


 「大学三大駅伝って?<1>~日本一を決めるのはどの大会?~」でも述べた通り、大学駅伝3冠を達成したのは過去3校だけです。1990年度の大東文化大学、2000年度の順天堂大学、2010年度の早稲田大学。意外に少ないなと思われるかもしれません。
 その理由はいくつかあると思うのですが、一つにそれぞれの大会の特徴が違うという点にあります。簡単に言うと、出雲がスピード型のコース、全日本はバランス型、箱根は耐久型と言えるかもしれません。


三大駅伝 距離やコースの違い

 三大駅伝の区間、距離などを表にまとめました。それを見ていただくと分かると思いますが、距離が全く違います。

 まず、三大駅伝の初戦となる出雲は、とにかく短い。大会自体が「スピード駅伝」をうたっていますが、まさにそのとおり。総距離は45.1キロでフルマラソンとほとんど変わりません。最長区間は10.2キロ。これは箱根の最短区間の約半分しかありません。
 区間も六つしかなく、層の厚さがそこまで問われません。むしろ、これからを担う若手が使われる傾向にあります。高校生の時は、レースで最も長くても10キロぐらいまでしか走りません。それが大学生になると、箱根を目指すために20キロが走れるようにならないといけませんが、なかなか簡単なことではありません。その点、この出雲なら高校生の時に走っていた距離で勝負できます。だから、将来性のある1、2年生を起用し、大学駅伝デビューさせるのにはうってつけです。


 「大学三大駅伝って?<1>」でも書きましたが、大学は箱根での優勝を最大の目標とします。出雲はそのためのステップアップの大会としてとらえられています。本気で出雲で勝ちたいと思うなら、ベストのメンバーを組むでしょうが、実際には今後をにらんだメンバーを入れることが多くなっています。


 出雲の短さを強調してきましたが、短いことのメリットはあります。実力差があっても、そこまでタイムが開かなくなります。そのため、接戦になりやすい。終盤まで独走になりにくいですから、見ている方は面白いかもしれません。

おすすめの記事