「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

次世代の柔道界を担うジュニア選手を紹介

2017 6/13 12:41まるちゃん
柔道,ジュニア選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Boris Ryaposov/Shutterstock.com

日本を代表するといっても過言ではないスポーツ競技の柔道。2016年に開催されたリオオリンピックでも、日本は多数のメダルを獲得した。2020年の東京オリンピックに期待が膨らむなか、未来の柔道界を担うであろうジュニア選手を紹介しよう。

男子100kg級のジュニア選手「飯田健太郎選手」

神奈川県出身の飯田健太郎選手は、男子100kg級のジュニア選手。身長188cmの恵まれた体格と、内股を得意とするスタイルが特徴。柔道を指導していた父親の影響もあって、6歳のときに湘南宮本塾で柔道をはじめた。しかし、サッカーや野球も大好きなスポーツ少年だった飯田健太郎選手。
そんな彼が、全国小学生学年別柔道大会に出場したとき、2位になったことで、中学校からは柔道一本にしぼる。国士舘高校に進学し、さらに柔道に磨きをかけ、2016年に出場したインターハイでは12試合のすべてで一本勝ちを収め、全日本ジュニア柔道でも二連覇を達成した。

女子78kg超級の「素根輝選手」

福岡県出身で女子78kg超級の素根輝(そね あきら)選手は、2000年7月9日生まれのジュニア選手。父親と5歳年上の兄弟などの影響で、脩柔館にて7歳のときから柔道をはじめた。
全国小学生学年別柔道大会45kg超級ではすべて一本勝ちで優勝するなど活躍。全国中学校柔道大会では二連覇を飾るなどの成績を収めた。
南筑高校へと進学した2016年には、全日本カデ柔道体重別選手権大会でも二連覇。全日本ジュニア柔道では高校1年生にして強豪を破り優勝を果たした。

おすすめの記事