「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道でケガをしないために!基本の受け身4選

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Boris Ryaposov/Shutterstock.com

柔道では受け身がケガを防止してくれる。背負投げなどで高い位置から畳に受け身を取らずに倒れたら大ケガのもとだ。また、強い選手になればなるほど受け身の基本ができている。それだけ受け身は重要なのだ。受け身を4種類紹介する。

柔道における受け身の意味

柔道では相手に投げられることによって畳にたたきつけられる。受け身を取らずに倒れると、ケガをしてしまう可能性が高くなる。そこで、技をかけられた後に倒れるときは受け身を取るのだ。受け身にも種類があり、相手にかけられた技や倒れ方によって取る受け身の種類が変わってくる。適切な受け身を取れるようになると、ケガも減り、投げられることによる恐怖心がなくなるので、柔道をする場合には必ず身につけなくてはいけない技術となっている。

後頭部を守る!”後ろ受け身”

後ろ受け身は、後に倒れるときに用いる受け身で、背中から畳に倒れていく。後頭部をそのまま打ちつけないように、首を前の方に向け、自分の帯を見るようにしてアゴを引く。同時に倒れこむ瞬間に両手を広げ腕で畳を叩く。この時の腕の角度は30度から40度がベストだ。
また、足を伸ばすことも重要だ。足を曲げてしまうと自分のヒザが顔に当たる恐れがあるので、注意が必要だ。後ろ受け身は、大外刈りや小内刈りなど後ろに投げられる技をかけられたときに取ることが多い。

おすすめの記事