「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【礼に始まり礼に終わる】柔道における礼儀作法とは?

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Boris Ryaposov/Shutterstock.com

「礼に始まり礼に終わる」と言われるように、柔道は礼儀作法が決まっている。少年柔道からオリンピックのような国際大会に至るまで、それは同じだ。今回は柔道における礼儀作法について解説したいと思う。

柔道における礼とは?

柔道においては、”試合における礼法”が定められている。礼の種類には敬礼、拝礼の2つがあり、それぞれに立礼と座礼がある。敬礼と拝礼の違いは、お辞儀をする角度の違いだ。敬礼が約30度に対し、拝礼は約45度のお辞儀をするのだ。柔道における礼法の定めは武士道に行き着く。勝っても負けても”相手に対して配慮する”、”思いやりの心を持つ”。柔道における礼法は、このようなところに由来しているのだ。

柔道における立礼とは?

柔道における立礼について解説する。立礼は「りつれい」と読む。立礼は立った姿勢の状態からする礼のことだ。両足のかかとをつけ、つま先は90度開き、背筋を伸ばした状態の立った姿勢から頭を下げる。このときの頭を下げる角度は30度(敬礼)、45度(拝礼)が理想的だ。腰が引けないようにお辞儀をするが、相手から目を切らないように注意する。これは、相手がいつ襲ってきても対応できるようにするということからだ。

おすすめの記事