「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レスリングで金メダリストとなった土性沙羅選手の功績をご紹介

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://dot.asahi.com/

2016年夏に開催され、未だ興奮も冷めやらぬ“リオデジャネイロオリンピック”。レスリングで初出場ながら金メダリストとなった土性沙羅選手。重量級の階級のため“ブルドーザー”の異名をとる彼女の生い立ちや功績を紹介する。

土性沙羅選手のレスリングとの出会いと生い立ち

土性沙羅選手は、1994年10月17日に三重県松阪市で生まれた。父親のトレーニングを受けて育った幼少期。父親もレスリングをやっていた経験があり、指導を受けていた故吉田栄勝さん(吉田沙保里選手の父親)と知り合いだったため、土性沙羅選手は一志ジュニア教室に入校しレスリングを学ぶ。そして日々厳しいトレーニングと、タックルを叩き込まれ成長していく。
小学校4年生になった土性沙羅選手は「全国少年少女選手権」で3連覇を達成。松阪市立鎌田中学校に進学し、「全国中学生選手権」では2連覇を達成して実力を伸ばしていく。

スポーツ環境が整った高校に進学した土性沙羅選手

2010年に松阪市の中学を卒業。ジムなどの環境が整っており、スポーツに力を入れている学校として有名な、愛知県の至学館高校に進学。
高校1年のときに開催された「全国高校女子選手権」で早くも優勝を飾る。続く「全日本レスリング選手権大会」では井上佳子選手に敗れ、惜しくも準優勝。翌年の「全日本選抜」では、井上佳子選手を破り、屈辱を果たし優勝するも、実績が足らず世界選手権代表には選出されなかった。
しかし高校時代には「高校選手権」で3連覇、「世界ジュニア」や「ゴールデングランプリ」などで優勝するなど数々の戦績を残す。

おすすめの記事