「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リオデジャネイロ五輪も感動した!レスリングの基本ルールについて

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lilyana Vynogradova / Shutterstock.com

レスリングは、紀元前3000年以前からある世界最古の格闘技スポーツで、古代オリンピックでも競技種目だった。 リオデジャネイロ五輪では、男子4名、女子6名が出場し、金4個・銀3個のメダル獲得に日本中が歓喜した。 ここでは観戦がもっと楽しくなるレスリングの基本ルールを紹介する。

レスリングの歴史

人類最古のスポーツとされるレスリングの起源は、5000年前のシュメール人まで遡る。
紀元前776年にアテネで発祥した古代オリンピックでも、5種競技の1つだった。古代ギリシャでは科学と神の芸術として、若い男性にとって最も重要なトレーニングだった。当時はオリーブオイルや砂をつけて裸で戦ったそうだ。古代ローマ時代には、若い貴族や兵士、羊飼いたちに人気のスポーツになったが、皇帝テオドシスによって競技が禁止された。その後ルネッサンス期に復活を果たした。
近代に入り、1904年アメリカの大会で初めてフリースタイルが紹介され、1908年に正式種目になった。日本には1929年、早稲田大学の柔道部がアメリカのワシントン大学で出会ったのが始まりで、1932年のロサンゼルス五輪で初参加した。また、女子レスリングは、1970年代にヨーロッパで始まり、2004年のアテネ五輪から正式に種目に加わった。

レスリングの種目・勝敗

レスリングの試合時間は3分間を1ピリオドとして2ピリオド戦う。パワーとスピードが全開のとても濃い6分間だ。
相手の両肩をマットに1秒間つけるとピンフォール勝ちになる。柔道にたとえると一本勝ちだ。他に投げ技が4点、うつ伏せの相手を仰向かせると2点、立ち技で相手を場外へ出すと1点などと決まっていて、多く入った方がそのピリオドの勝ちになる。相手への打撃、関節技、噛みつき、しめ技、指を折り曲げるなどは反則だ。
なお、これまでの最長時間の試合は、日本が初めて参加した1912年のストックホルム五輪の決勝戦で11時間40分!ギネスブックにも載っている。屋外でマットが3ヶ所ひかれただけで行われ、古代からの決まり事としてフィンランドのアシケイネン選手対ロシアのクライン選手のどちらかが勝つまで行われた。

おすすめの記事