「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

二つの東京五輪 日本人金メダル1号の重圧を背負う三宅家<2>

2017 6/15 11:17きょういち
重量挙げ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

二つの東京五輪 日本人金メダル1号の重圧を背負う三宅家<1>


 中学3年生になった宏実が発した言葉を、父義行は今でもよく覚えている。

 「重量挙げ、やってみたいんだけど教えてくれる」

 義行の顔は渋かったという。「冗談だろ」と言った。重量挙げは女の子がやるスポーツではない、というイメージも、当時の義行にはあった。

シドニー五輪がきっかけだった

 宏実が中学3年生の時は西暦2000年。それは、シドニー五輪が開催された年だった。そして、このシドニー五輪から女子の重量挙げが正式種目として採用された。

 五輪期間中、宏実はシドニー五輪のテレビ中継を見ていた。画面には女子重量挙げが映っていた。選手は自分の体重の2倍の重さを挙げていた。そんな姿を見て、こう思った。

 「かっこいい。女子にもできるんだ」

 宏実がまさに、これからの行き方を考えていたときが2000年。女子重量挙げが初めて五輪に登場したのが2000年。運命の糸が絡み合い、宏実を重量挙げに誘った。

悩み抜いた末……

 ただ、重量挙げをやりたい、という気持ちを宏実はなかなか切り出せなかった。

 痛いほど、両親の気持ちは分かっていたからだ。

 3人きょうだいの末っ子、夫婦には待ちに待った女の子だった。音大出身の母育代に、4歳からピアノを学び、習字も水泳も習っていた。

 兄の重量挙げの大会についていくと、周囲が「三宅の娘だ」とバーベルを持たせようとした。でも、家族全員で止めた。

 「この子は女の子だから」

 でも、重量挙げをやりたいという気持ちは抑えきれなかった。それまでは普通の女の子で、重量挙げに興味もなかった。でも、やっとやりたいことが見つかったのだ。

 意を決し、相談した。その相手は父ではなかった。高校で重量挙げをやめた12歳上の長兄だった。

 そして、長兄が妹の思いを母に伝えた。

 母も3日悩んだという。宏実が初めてやりたいと言ってきたことだった。だから、応援すると決めた。

おすすめの記事