「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

目指せポセイドンジャパン!水球の強豪校を紹介します。

2017 2/9 09:26
water polo
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by BrunoRosa/ Shutterstock, Inc.

32年ぶりにオリンピックに出場した水球日本男子、ポセイドンジャパン。 そんなポセイドンジャパンのメンバーは、水球の名門高校から輩出されています。 そこで、高校における水球の強豪校を紹介します。

高校水球界を引っ張る秀明英光

埼玉県の秀明英光高校水球部は、10年以上にわたり高校水球界をけん引する存在です。日本高等学校選手権水泳競技大会、つまりインターハイで4度の優勝を誇ります。
リオデジャネイロオリンピックのポセイドンジャパンにも、3人の選手を輩出しています。泳ぎが速くカウンターが得意な大川慶悟選手。168cmと小柄ながら果敢に勝負するテクニシャン、荒井陸選手。唯一現役大学生で代表入りした次代のポイントゲッター、足立聖弥選手を送り出しました。

ジュニア世代から強化する埼玉栄

1984年創部の埼玉栄高校水球部は、珍しいことに小学校、中学校のジュニア世代から水球の強化を図っている学校です。2015年のインターハイで、6年ぶり4度目の優勝を果たしました。
埼玉栄高校出身者には、ポセイドンジャパンの頼れるキャプテン志水祐介選手がいます。志水祐介選手は熊本出身ですが、水球留学ではるばる埼玉の学校に来たのです。埼玉栄高校卒業後は、筑波大学、ブルボンウォーターポロクラブ柏崎に所属。オーストラリア、イタリア、ハンガリーのプロリーグも渡り歩いています。

おすすめの記事