「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレーボール女子日本代表”東洋の魔女”を振り返る

2016 10/12 03:34
バレーボール、日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ARZTSAMUI / Shutterstock.com

女子バレーボール日本代表を語る上で外せないのが”東洋の魔女”だ。 公式戦258連勝というとてつもない記録を作った”東洋の魔女”は、どのようなチームだったのだろうか。 その軌跡を振り返ってみたいと思う。

東洋の魔女とは?

東洋の魔女という愛称は、1964年の東京オリンピックより3年前の1961年に付けられている。当時の日本代表は1つの企業チームから多数の選手を集めて構成することが多く、その中心チームが日紡貝塚だった。 日紡貝塚が1961年にヨーロッパ遠征をして、代表チーム相手に22連勝を達成した際に、現地のスポーツ紙が”東洋のタイフーン”、”東洋の魔法使い”といった見出しをつけた。それを日本の新聞社が”東洋の魔女”と言い換えたのが始まりだ。
体格で劣る日本が世界と戦うために編み出したのが”回転レシーブ”だ。この回転レシーブを軸とした守りのバレーを展開し、連戦連勝を果たして公式戦258連勝を達成したのだ。

監督は鬼の大松

東洋の魔女を率いていたのは”鬼の大松”と恐れられていた大松博文(だいまつ・ひろぶみ)だ。大松博文はスパルタトレーニングが有名で、当時企業で働いていた選手たちは16時に退社してから深夜まで練習に励んだ。深夜と言っても朝方までの練習も珍しくなく、早朝5時まで練習していた時もあったと言われている。大松は「相手が”10”練習してるならこっちは”15”練習しろ!」といったやり方だった。
それに音を上げることなくついてきた選手たちが東京オリンピックで花開く。初めてオリンピックに正式種目として採用された東京オリンピックで、回転レシーブを駆使して金メダルを獲得するのだ。選手たちをやる気にさせた大松博文の「俺についてこい!」は有名で映画化もされている。

おすすめの記事