「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らない!? 歴史を知って卓球をよりおもしろく!

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kotomiti Okum/Shutterstock.com

普段、卓球をプレーしていても、歴史までは知らないという方も多いのではないのだろうか。 せっかく自分がプレーしているスポーツなので、ぜひとも知っておきたい。 この記事で卓球の歴史についてご説明したいと思う。

卓球はインドが起源のスポーツ

今や競技人口も多く、メジャースポーツのひとつでもある卓球。 その起源は、1880年代にまでさかのぼる。もともとはインドで行われていた「ゴッシマテニス」という遊戯で、それがイギリスに伝わり、貴族の間に広まってスポーツに発展したという説がある。
この当時は今のようにピンポン球を打ち合うのではなく、ワインのフタに用いられるコルクを削り出したものが使われていた。このあたりがいかにもイギリスっぽい。

ゴッシマテニスはそもそもテニスが起源

この「ゴッシマテニス」という遊戯は、そもそもテニスが起源とも言われている。英語で「table tennis(テーブルテニス)」と言われるので、これはなんとなく想像できる。 テニスをしようとしたら雨が降っていたため、どうにかして屋内でできないか、そんな時に考え出されたのが「卓球」だった。
ちなみに、テニスの起源となった「ポーム」という競技は、そもそも屋内でするスポーツだったそうだ。

おすすめの記事