「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

卓球の水谷隼選手の功績とメダルを掴んだ真摯な姿勢

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by testing/Shutterstock.com

リオ五輪で卓球で個人銀メダル・団体銅メダルを獲得した水谷隼選手。その中でも個人の銀メダルは卓球の個人種目で日本男子が獲った史上初のメダルとして大きな価値があるものだった。そんな水谷隼選手のこれまでとその功績を紹介する。

父の影響で始めた卓球

静岡県磐田市出身の水谷隼選手は、小さい頃から運動神経が抜群だったそうだが、卓球を本格的に始めたのは5歳。
水谷選手の父親が卓球経験者で、地元で卓球スポーツ少年団を設立、その一期生として入団する。ちなみに、同じくリオ五輪に出場して女子団体で銀メダルを獲得したチーム最年少の伊藤美誠選手も、同じ卓球スポーツ少年団出身だ。
また、水谷選手は本来右利きだったが、両親が左利きの優位性を考え、この頃に左利きに矯正している。
本格的な大会に出場したのは小学1年生の時。初出場した全日本卓球選手権大会バンビの部で準優勝。翌年に優勝すると、その後も各カテゴリで優勝を重ね、1学年上の福原愛選手が所属していた青森山田中学校に進学した。

15歳で日本代表メンバー入り

青森山田中学校2年の時には、全日本卓球選手権ジュニアの部(高校生以下)で男子としては史上最年少で優勝。また同時に一般の部でもランクインし、その抜群のボールタッチが卓球界で大きな話題となる。そして15歳で青森山田高校に進学すると、当時の男子史上最年少で日本代表メンバー入りする。
2005年に中国の上海で行われた第48回世界卓球選手権に出場するが、結果はシングルスで3回戦敗退、ダブルスでは1回戦敗退となった。しかしシングルスの2回戦では当時世界ランキング183位だった水谷選手が8位の選手に勝利する。
当時の日本卓球界は、前年のアテネ五輪での大敗を受けて改革を進め始めた頃で、その象徴的な存在として注目を集めた。

おすすめの記事