「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

水泳の飛込競技にはどんな種目があるの?

2016 12/9 12:03
飛込競技
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn/Shutterstock.com

水泳競技の一種である飛込は、飛込み板を跳ね上がり、高い飛び込み台から一気に飛び降りる競技です。ほんの数秒で勝負が決まってしまうのが飛込の醍醐味。どんな種目があるのか見ていきましょう。

飛込競技の種目紹介

飛込競技の種目には、弾力性のある飛び板から飛込むタイプの「飛び板飛込」と、飛込み台から踏み出す「高飛込み」の2つがあります。また、2人でペアになって飛込むシンクロナイズドダイビングもあります。「高飛込み」は自分の力で飛び出し、自然に落下していくわけですが、落下中に回転やひねりを加えることでポイントを稼ぎ出します。
また、「飛び板飛込」は、弾力性のある板から跳ね上がり助走をつけて飛込みを行います。こちらも「高飛込み」と同様に、落下中に回転やひねりを加えるなどの演技をすることでその優越を競い合います。

飛込競技の2つの競技方式とは?

飛込競技がどのようにして行われているかご存じの方は少ないと思います。「飛び板飛込」も「高飛込み」も、どちらも「制限選択跳び」と「自由選択跳び」のいずれかで競技が開催されます。「制限選択跳び」は、演技する総数の難易率の合計点数があらかじめ決められており、その合計点数を超えないようにすることが求められます。
一方「自由選択跳び」は、難易率に関係なく演技する内容を自由に選択して演技することができるようになっています。どちらの方式で行われるかは大会により異なりますが、オリンピックや世界選手権では「自由選択飛び」が採用されています。

おすすめの記事