「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

水泳をする前にやっておきたいストレッチ紹介

2016 12/9 12:03
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Microgen/Shutterstock.com

全身の筋肉をバランスよく使う水泳は老若男女を問わず人気の高いスポーツです。しかし、水中は一歩間違えれば生命の危険を及ぼしかねない環境のため、入水前には入念な準備運動が求められます。今回は、水泳を始める前にこなしておきたい効果的なストレッチや準備運動を紹介します。

ストレッチをしないと水中での体の負担は大きくなる

学校などでは水泳を始める前には必ず準備体操をしますよね。そもそも、なぜ準備体操をする必要があるのかといえば、準備なしの入水は体への負担、とりわけ心臓へのダメージが大きくなるため。
適度に体を温めておかなければ飛び込んだ際に突然死してしまうケースもあるという怖さがあることを肝に命じておきましょう。
一方で、水泳を競技としている方にとっては、ストレッチを行うことで可動域を広くすることができ記録の向上を図ることができるメリットもあります。

ふくらはぎを伸ばす足のストレッチ

水泳の事故として最も多いのは足がつることでしょう。水中で足がつってしまうと泳ぐことも動くことも困難となり溺れてしまう危険性もあるため入念にストレッチをする必要があります。足でつりやすいのはふくらはぎと太もも、足の裏です。
ふくらはぎを伸ばすには足を前後に開き、位置を保ったまま重心を前足に載せていくと筋肉が伸びていく感覚を得ることができるでしょう。
太ももは上げた片足の膝を両手で抱え込むと効果的で、足の裏は土踏まずを指圧でマッサージしましょう。

おすすめの記事