「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らない大相撲のルールとタブーとされる行為

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

【ルールとしては許されるけど……】相撲界にある暗黙の了解

伝統ある相撲界において、タブーとされている行為がいくつかある。
たとえば、横綱への張り手。これは、横綱や大関など権威のある関取に対して敬意を払う意味で、慣習的にタブーとされている。
また、立ち会いの際にまっすぐぶつからず左右どちらかにかわすことで、相手の体制を崩してそのまま土をつける戦法のことを「立ち会いに注文つける」などと表現すが、これも相撲界においては慣習的に避けられている。
特に、横綱や大関などが格下の力士に対して行ったときは批判の対象になり、会場でブーイングが起こることもある。

まとめ

基本的なルールはシンプルだが、伝統や品位を重んじる相撲界には意外と知られていないタブーが存在する。 ぜひ覚えて観戦してみて欲しい。

おすすめの記事