「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の歴代全勝優勝力士の回数ベスト5を紹介

2017 5/8 19:55kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲において全勝で優勝を飾ることは力士にとって大変誇らしいことだが、それだけ難しい快挙だ。最近では2016年9月場所で大関豪栄道が成し遂げている。そこで、歴代の全勝優勝力士について解説する。

現役の白鵬が圧巻の12度と全勝優勝回数のトップ

現役横綱の白鵬関は歴代トップの通算37度の優勝を誇るが、全勝優勝の回数も12度と歴代最多だ。初めて全勝で幕内優勝を飾ったのは東大関で迎えた2007年5月場所で、千秋楽に横綱朝青龍関に勝ち、横綱審議委員会から満場一致で第69代横綱に推挙された。
2016年5月場所は既に14日目に優勝を決めていたが、千秋楽も横綱鶴竜関にうっちゃりで逆転勝ちし自身12回目の全勝で優勝に花を添えた。白鵬関は14勝1敗での優勝も16回とトップだ。

全勝回数の2位タイは年2場所時代の双葉山

全勝優勝回数歴代2位タイの8回は、史上1位の69連勝記録を持つ伝説の元横綱双葉山関だ。双葉山関が活躍した時代は年2場所だったので69連勝も実に4年がかりだった。2場所時代の優勝回数12回は単純に考えて現在の年6場所に置き換えると白鵬関に匹敵する数字だ。
また、全勝回数8回には5場所連続全勝優勝という記録もあり、当時無敵の強さだった。「双葉の前に双葉無く、双葉の後に双葉無し」言われた不出世の大横綱だった。

おすすめの記事