「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲で気になるワード「露払い」「太刀持ち」を解説!

2017 5/8 19:55茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲の中でも非常に見ごたえがあるのが横綱の土俵入りだ。横綱が自分の強さを誇示するような所作にはほれぼれする。しかし両脇にいる「露払い」と「太刀持ち」とは何なのだろうか?今回はこの二つを解説していく。

大相撲の最高峰儀式、横綱の土俵入り

横綱の土俵入りというのは、大相撲界の最高位である横綱が顔見世披露として行う儀式のことで、本場所では幕内力士の土俵入りに続いて各横綱の単独の土俵入りが行われる。この時横綱に従って「露払い」「太刀持ち」の二人の力士が脇を固める。
三力士とも化粧まわしをしめ、横綱は土俵入りのためにこしらえた純白の太い綱を腰にしめ、四股や柏手をうつ土俵入りの型を披露する。入場する際に横綱を先導するのが「露払い」、横綱に従って太刀をもってついてくるのが「太刀持ち」ということになる。

「露払い」という役割について

横綱を先導する力士を「露払い」と呼ぶ。「露払い」というのはもともと相撲用語というわけではなく、高貴な人や一行が移動する際に、先導しながらいろいろと世話をやく人のことを一般的に「露払い」といっていたことから名づけられた。
昔は草木が伸びた原野を進んでいくことも多く、朝露などで濡れた草木のなかを先行して進み、露を自分の手や体で払い落とすことでみんなが濡れないようにする役割があったようだ。これが「露払い」の語源となっている。

おすすめの記事