「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これぞ大相撲!見ているだけで力が入る歴代の名勝負5番

2017 5/8 19:55茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲の歴史の中ではたくさんの名勝負が生まれてきた。どれも甲乙つけがたいところはあるが、今回はその中でも見ているだけで力がはいってしまうような歴代の名勝負を5番紹介していく。

歴代名勝負その1、栃錦関VS初代若乃花関

昭和の相撲黄金期の一つとして有名な「栃若時代」を支えた二人の名勝負としてあげたいのが、昭和28年3月場所7日目の一番だ。当時大関の栃錦関に新進気鋭の前頭三枚目・若乃花関が挑んだこの一番では、立ち合いから激しい差し手争いが展開された。
右の前まわしをつかんだ栃錦関の「出し投げ」と「つり」で激しい攻めが続き、若乃花関がしのぎ、頭をつけた栃錦関の元結は切れ、ザンバラ頭になりながらも激しい攻防が続いた。両者動きが止まったところをみて水入りし、栃錦関は髪を結いなおして再開。がっぷり四つの状態から再開すると、振り回してからの外掛けで栃錦関に軍配が上がった。

歴代名勝負その2、北の湖関VS輪島関

金色のまわしがトレードマークの横綱・輪島関と、破竹の勢いを見せて横綱に上り詰めてきた北の湖関との大一番も、名勝負として有名だ。昭和52年3月場所千秋楽の一番、全勝優勝を狙う北の湖関と2敗の輪島関の対決だ。
立合いから輪島関が左の下手、北の湖関が右の上手を引く形になり、北の湖関の強烈な出し投げを輪島関がしのぐ展開になった。圧倒的な強さを見せる北の湖関の攻撃を、輪島関は下手投げを打ちながらしのぎ、館内は大いに沸いた。膠着状態になると水入りし、再開後は両まわしを取り合う形で力比べのような展開に。
最後は北の湖関がつり出しで勝負を決めたが、横綱・輪島関の意地を見せたこの一番に観客も大喜びだった。

おすすめの記事