「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピード相撲で幕内定着を狙う・石浦関を解説

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sanspo.com

大相撲幕内力士の石浦関は十両以上の力士を示す関取の中で最も軽量だ。それでも努力の結果幕内に昇進し、スピード相撲で大活躍をしている。白鵬関の愛弟子としても知られる石浦関について取り口の特徴などを解説する。

父親が高校相撲部の指導者という関係で、幼年期から相撲に親しむ

大相撲幕内力士の石浦関は鳥取県鳥取市出身で、現在27歳だ。父親が鳥取城北高校の相撲部監督だったという関係で幼年期から相撲に親しんでいた。小学校では相撲以外でも持ち前の運動神経を生かして野球や水泳などのスポーツに取り組んでいた。
しかし、中学進学前に相撲に絞り、相撲強豪校の鳥取市立西中学校に進み、卒業後は父親が監督を務める鳥取城北高校に入った。現在同じ宮城野部屋に所属している山口関や貴の岩関とともに同校相撲部で活躍した。

大学卒業後はオーストラリアに留学し、格闘家への道を探る

石浦関は高校時代団体戦レギュラーとして優勝に貢献し、個人では全日本ジュニアの軽量級で2連覇を達成し、3年生の時には世界ジュニア選手権で優勝を飾った。高校を卒業すると日本大学に進むが、同学年には後の山口関がおり、1年遅れて遠藤関が入部してくる。
大学時代の石浦関は、個人で大きなタイトルも無かったため、卒業後プロになる意思はなかった。格闘家への道を探りながら語学留学も兼ねてオーストラリアで生活していたが、同級生の山口関がプロ入りしたことを知り触発された。

おすすめの記事