「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲、今後活躍しそうな注目の若手力士5人をピックアップ

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

2017年1月場所の稀勢の里関が優勝で久々に日本人横綱が誕生し、大相撲が盛り上がっている。続く話題は、次の大関・横綱の若手力士候補は誰かということだ。

正代は常に正攻法のスタイルを貫き、大器であること間違い無し

正代関は東京農業大学2年生で学生横綱のタイトルを獲得して、卒業とともに2014年3月場所前に時津風部屋に入門した。身長183センチ、体重160キロの恵まれた体格で、2016年1月場所で新入幕すると、10勝5敗の2桁勝ち星を上げて敢闘賞を獲得した。
11月場所でも11勝2敗で2度目の敢闘賞に輝き、大関候補としての呼び声が高まった。2017年の1月場所では惜しくも7勝8敗で負け越したが、正攻法の相撲で横綱・大関に挑むスタイルは、間違い無く将来有望な大器だ。

貴ノ岩は2月のトーナメントで稀勢の里と熱戦を展開

貴ノ岩関はモンゴル出身の力士で、貴乃花部屋初の関取として話題を集めた。16歳で鳥取城北高校に相撲留学し国体少年の部でベスト4に入り、2008年の世界ジュニア選手権で準優勝した。同じく日本で高校生活を過ごした年下のモンゴル勢である照ノ富士関や逸ノ城関に出世は遅れたが、大物の風格がある。
2017年1月場所では後半まで優勝を争い、豪快な相撲で白鵬を破るなど11勝4敗で敢闘賞を獲得した。四つ相撲の技術にも優れており、2月の大相撲トーナメントでは決勝で稀勢の里と当たり館内を沸かせた。

おすすめの記事