「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート「高木美帆」~偉大なる功績~

2017 2/9 18:26
スピードスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典www.tokachi.co.jp/

高木美帆は、オリンピック最年少記録で一躍有名になった、日本を代表する女子スピードスケート選手だ。 今回は、高木美帆の生い立ちから功績までを紹介する。

生い立ち

高木美帆は、1994年5月22日、北海道中川郡幕別町で生まれた。姉と兄がスケートをしていたことで(姉はオリンピック日本代表の高木菜那)、必然的にスケートを始めた。当時から運動神経が抜群だった高木は、スケート以外にヒップホップダンスやサッカーも並行して行っており、特にサッカーでは中学で男子を押しのけてフォワードのレギュラーを獲得するほどだった。
スケートでも当然のように非凡な才能を見せつけ、全国小学生スプリントで4年生から3年連続総合優勝している。小学生にして、同年代に敵はいなかった。

中学で「世界」へ

もはや日本の同年代で敵なしとなった高木美帆。中学生になってからも状況は変わらなかった。 2009年1月に全日本ジュニア選手権で総合優勝すると舞台を世界に移し、2月の世界ジュニア選手権で4位。続くジュニアW杯の500m、1000mで見事に優勝した。
世界の舞台で残した実績を引っ提げ、2009年12月にはバンクーバーオリンピック代表選考会に出場。彼女はその舞台でもひるむことなく、実力をいかんなく発揮する。

初回にして複数のオリンピック切符

高木美帆は代表選考会で1000m、3000mともに3位。1500mでは優勝。3000mは体力面が考慮されて補欠となったものの、1000m、1500m、チームパシュートの3種目でオリンピックの切符を獲得した。
中学生でのオリンピック代表は、1980年レークプラシッドオリンピック代表の加藤美善、1992年アルベールビルオリンピック代表の糸川敏彦の17歳を抜き、男女を通じて日本スピードスケート最年少の快挙となった。

初めての挫折

初出場となったオリンピックだったが、1000mでは最下位の35位、1500mも23位と、思うような結果を残せず、チームパシュートは欠場。これまで順調に結果を残してきた高木美帆は、初めての「挫折」を味わう。
それでも、オリンピックの翌月に行われた世界ジュニア選手権のチームパシュートでは銀メダルを獲得し、さらに、2年後のW杯1000mでは世界ジュニア新記録を樹立。ジュニアの舞台ではその実力が十分に通用することを証明し続けた。

金メダルの獲得

高校卒業後は、日本体育大学にスポーツ推薦で進学する。2013年12月、冬季ユニバーシアード1000mで金メダルを獲得し、2大会連続となるソチオリンピックを目指すが、代表選考会で力を発揮できず、残念ながら落選してしまう。
ソチオリンピックには出場できなかったが、2015年2月、世界距離別スピードスケート選手権のチームパシュートに出場。その大会で、スピードスケート大国オランダをわずかに上回り、チームパシュートでは日本初の金メダルに輝いた。 2016年現在も、オリンピックでのメダル獲得を目標として練習に励んでいる。

まとめ

高木美帆は、まだ若い選手でありながら、すでにさまざまな功績を残してきた。
世界の舞台でも活躍してきたが、やはりオリンピックという舞台での活躍を見てみたいものだ。 オリンピック出場の可能性はまだ十分にあるので、今後の活躍からも目が離せない選手だ。

関連記事

おすすめの記事