「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグ平均年俸は世界のプロスポーツ14位、最高給クラブとリーグは?

2021 4/27 06:00中原康太
リオネル・メッシⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

高額年俸を支払うプロクラブランキングTOP50

日本のプロ野球界もトップクラスの年俸は上がっているが、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、プレミアリーグ(イングランド)、セリエA(イタリア)、ブンデスリーガ(オランダ)、リーグ・アン(フランス)の欧州サッカー5大リーグは桁が違う。最も平均年俸の高いクラブとリーグはどこだろうか。サッカー以外のプロスポーツも含め、ランキングで紹介していこう。

データはSports Intelligence社の「GLOBAL SPORTS SALARIES SURVEY 2019」のデータを参考にし、1ドル=108円で計算している。

高額年俸を支払っているTOP50のうち、TOP3をバルセロナ(ラ・リーガ)・レアルマドリード(ラ・リーガ)・ユベントス(セリエA)のサッカークラブが独占している。1位のバルセロナは約13億円、2位のレアルマドリードは約12億円、3位のユベントスは約11億円という破格の金額である。

クラブの平均を引き上げているのがバルセロナはメッシ、レアルマドリードはベンゼマやマルセロ、ユベントスはレアルマドリードから移籍したクリスティアーノ・ロナウドといった超一流選手。バルセロナはメッシと年俸175億円で契約していたことが報道されている。

プロクラブ別平均年俸ランキング


TOP50のうちでサッカーが占める割合は22%。バスケットボールが60%、野球が10%、クリケットが8%となっている。

TOP50のスポーツジャンル割合

リーグ別平均年俸TOP15

ではリーグ別の平均年俸も見てみよう。世界のプロスポーツリーグTOP15の詳細は以下の表の通りだ。

プロリーグ別平均年俸ランキング


最も高いのはバスケットボールのNBAだが、TOP15のうち9リーグはサッカー。中国のCSLリーグが11位で約1億3000万円、アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)が13位で約4400万円、Jリーグも14位につけており約3500万円、スコットランドリーグも約2700万円で15位だ。

中国のCSLリーグは、年俸30億円でShanghai SIPGへ移籍したブラジル代表のオスカルをはじめ、多くのスター選手が中国へ流れている。高すぎる年俸に規制がかかったため、今後のスター選手確保に向けた動向を注意して見ていきたい。

13位にはメジャーリーグサッカーが入った。日本では野球(MLB)を取り上げられることが圧倒的に多いが、サッカーも力を入れている。イングランド代表でマンチェスター・ユナイテッドFCのキャプテンを務めていたルーニーもメジャーリーグサッカークラブのDCユナイテッドに所属していた。アメリカサッカーも要注目だ。

Jリーグもバルセロナから年俸30億円で神戸に移籍したイニエスタにより平均が押し上げられていると思われるが、さらにスター選手の受け皿として今後活性化してほしい。ちなみに日本のプロ野球(NPB)は12位だった。

TOP15リーグのスポーツジャンル


欧州5大リーグが依然として高給である状況は変わらないが、中国・アメリカ・日本・スコットランドが注目度を上げ、スター選手が行ってみたいと思わせる環境整備が必要だろう。

【関連記事】
若きエース久保建英はいくら?サッカー選手の市場価値の出し方
ボローニャ・冨安健洋、ミハイロヴィッチ監督の“最高傑作”になる?
苦境に立たされる久保建英の打開策は?ヘタフェは空中分解寸前

おすすめの記事