「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なまらかっこいいっしょ!コンサドーレ札幌のサポーターINFO

2017 10/13 11:07SOL
サポーター
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Checubus/shutterstock.com

「北海道とともに、世界へ」というチームスローガンを掲げ、2017年のJ1リーグを戦うコンサドーレ札幌。 本稿では、声を枯らし叫び続けるゴール裏のサポーターたちにスポットを当て、さまざまな情報を紹介していく。

サポーターたちは、平日は宮の沢へ足を運ぶ

普段トップチームがトレーニングを行うのは、札幌市内中心部から少し離れたところにある「宮の沢白い恋人サッカー場」。グラウンド横にはクラブハウスや公式グッズショップも併設されている。
また、レストランもあるので、トレーニング見学だけでなく腹ごしらえができるのもサポーターにとってはうれしいところ。

毎日多くのサポーターが集まり、選手たちと最も近い距離で交流できるのも大きな魅力だ。選手たちと直接会話を交わすことで、週末の試合の応援にもより力が入ることになることだろう。このように選手とサポーターをつなぐ交流拠点としても機能している。

クラブとの関係は常に良好!サポーターズ集会には社長自らが参加

コンサドーレ札幌サポーターズ集会というイベントが、一部有志により企画されている。開催時期はシーズン開幕を控えた毎年2月。サポーター同士の情報交換や交流の場として機能しているイベントだ。

このイベントのゲストは、なんとクラブのフロントスタッフ。2017年の集会には野々村芳和社長自らが参加し、サポーターからの質問に真摯に応対していた。選手・クラブ・サポーターが三位一体となっていくためには、こういった垣根を低くする作業が欠かせない。
毎年継続していることだけでもすごいこと。コンサドーレ札幌のクラブとサポーターの関係は極めて良好だ。

おすすめの記事