「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

王国の誇り!清水エスパルスとともに歩むサポーターの歴史

2017 10/13 11:07mikky
サポーター
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by janews/shutterstock.com

清水エスパルスはJリーグ開幕時に所属した10クラブ(オリジナル10)の1つである。 経営母体を持たないクラブとして発足した経緯や、国内一のサッカーどころとうたわれた静岡のチームを支えるサポーターは、どのような歴史を歩んできたのだろうか。

清水エスパルスの礎を築いた小花不二夫氏

清水エスパルスのルーツは大正時代までさかのぼる。静岡県に初めてサッカーをもたらした一人として知られる小花不二夫氏は、静岡師範学校の蹴球部出身。県内の中学校にサッカー部を作り、著名な指導者を招くなど、清水にサッカーの裾野を開いた。

今でこそサッカーは全国に強豪校が分布している状態だが、ひと昔前までは清水市は全国一のサッカーどころと言われていた(現静岡市清水区)。ただ、清水は最初からサッカーが強かった訳ではなく、「日本一の少年団チームを作る」という小花氏の尽力が結実したのだ。

経営母体を持たない市民球団として清水エスパルス発足

日本一の少年団サッカーチームを作れば、中学、高校にも強豪チームができあがるという小花氏の構想に基づき、小学生リーグから選抜したチームは「オール清水」として全国優勝。このオール清水こそ、Jリーグ加盟前の清水エスパルスの前身「清水FC」なのだ。

市民球団としてスタートしたエスパルスは、地元メディアなどが中心となって株式会社を設立。市民も資本金の1割を出資するなど、街全体が「サポーター」としてクラブを後押しする環境ができあがった。

おすすめの記事