「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柏レイソルの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
柏レイソル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ最優秀選手賞を受賞した経歴を誇るフランサ選手

ブラジルやドイツのプロリーグで活躍したこともあるフランサ選手も柏レイソルで10番を背負った名選手。柏レイソルに移籍を果たした2005年シーズンこそ不調に見舞われたが、2007年シーズンではチームこそリーグ戦8位ながら、Jリーグ最優秀選手賞を受賞するなど、柏レイソルを牽引した選手の一人だ。2011年のシーズンを最後にサッカーからは身を引き、現在はIT関連企業である「Footbank株式会社」の代表取締役を務めている。

弱冠21歳で10番を背負ったミスター柏レイソル

これまで外国人選手ばかり紹介したが、大津選手以外にも日本人で柏レイソルの10番を背負った選手がいる。それは大野敏隆選手。入団から3年目、弱冠21歳にして10番を背負い、類まれなるサッカーセンスとそのテクニックから、柏レイソルの中心選手として活躍した。2003年のシーズンに京都パープルサンガ、2004年のシーズンに名古屋グランパスエイトに期限付き移籍をするも、柏レイソルがJ2降格の危機に直面したタイミングで呼び戻された。そして、J1とJ2の入れ替え戦でゴールを決めるなど降格を阻止する活躍を見せた。

まとめ

カレカやレアンドロを始め、世界的にも有名な選手が柏レイソルで10番を背負って活躍してきた。2017年は日本人選手が柏レイソルの10番を背負っている。今後の大津選手の活躍にも期待したいところだ。

おすすめの記事