「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おきばりやす】京都府のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

京都サンガF.C.のお膝元である京都には、サッカーの絶対王者「京都橘高校」を筆頭に、名門、強豪、技巧派など、様々なサッカー強豪校がひしめいている。絶対王者と呼ばれる「京都橘高校」を打ち破ろうと、様々な高校が様々なスタイルで日々の練習に励んでいるのだ。京都高校サッカー強豪校を5校ピックアップして紹介する。

新興校にしてサッカーの絶対王者 京都橘高校

京都橘高校は4年連続全国高校サッカーに出場しており、京都といえば橘のイメージが出来上がっている。現在の京都橘サッカー部とその歴史は米澤一成監督が作り、彼の存在なしではここまで成績を伸ばすことが出来たかは分からないとさえ言われている。
メンバー構成としては、地元の京都出身者や近隣の大阪府や奈良県など近畿中心になり、決定力やチーム全体の豊富な運動量を武器に強豪を連破していく攻撃サッカーが持ち味だ。試合を重ねるごとに攻守のバランスが向上してきている。

サッカー名門復活なるか 山城高校

第1回高校選手権(現インターハイ)優勝、第37回全国高等学校サッカー選手権大会優勝、第40回・第71回(かつて天才・石塚啓次が話題となった1992年の第71回大会の選手権)で準優勝という成績を収めている。
相手のうまさ、選手層の厚さに圧倒されながらも我慢強くプレーすることで勝ちをもぎ取る粘り強さと忍耐を兼ね揃えているチームだ。山岡宏志監督が新たに就任した2015年は新人戦と高校総体、共にベスト8で敗退してしまった。

おすすめの記事