「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【きばりやー!】奈良県のサッカー強豪校4選

2016 8/20 14:15
サッカー,試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

日本を代表するGKである楢崎正剛選手の出身校は、強豪校の奈良育英高校である。奈良県の高校サッカーは強く、Jリーガーを多く輩出している。他にも県立郡山高校、奈良市市立一条高校、県立香芝高校の強豪校、合わせて4校を紹介しよう!

日本を代表するGK楢崎正剛選手の出身校【奈良育英高等学校】

奈良県の高校サッカーといえば!奈良育英高等学校が挙げられる。日本を代表するGKの名古屋グランパス所属・楢崎正剛選手の出身校として有名だ。 楢崎選手が3年生時、高校サッカー選手権に初出場しベスト4まで昇り詰めるという旋風を起こし一躍全国に知れ渡った奈良育英高校。
その後、その活躍があったこともあり、多くのサッカー選手を目指す選手が入学し、奈良育英サッカーで育ち、Jリーグへと飛び立った。
奈良育英高は、奈良県奈良市に所在し、男女共学の私立中高一貫校だ。 強豪校だけにサッカー部員も多く、全国的に注目を常に集めているサッカー部といえる。

人気の高い進学校【奈良県立郡山高等学校】

奈良県立郡山高等学校は、奈良県大和市郡山に所在する学校だ。
県内でも有名な進学校であり、倍率が高く、少子化と呼ばれる今の時代であっても人気が集中している学校である。 というのも自由な校風ととにかく楽しく!という学校のモットーに共感する生徒が多いからだという。
サッカー部は2015年に高校サッカー選手権奈良県予選で初めて優勝を飾った。 部員は50名前後、学校に重点を置く学校なので他の学校よりも練習時間は短いですが、それでも練習の質を求め、練習することで強豪校と呼ばれるくらいの強さを誇るチームとなった。

おすすめの記事