「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フリーマンサッカーで全国をめざせ!大分高校サッカー部の秘密とは?

2017 5/15 09:56takutaku
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Krivosheev Vitaly/Shutterstock.com

大分県高校サッカーの強豪、大分高校。 サッカー部の歴史はまだ浅いだが、県下では上位常連校として有名だ。 今回はそんな大分高校サッカー部の戦績、監督・選手など気になる情報をまとめた。

大分では常勝軍団の仲間入り!県優勝8回を誇る大分高校サッカー部

大分高校は、1952年に創立された男女共学の私立高校だ。高校としての歴史はまだ半世紀ほどと浅いのだが、サッカー部の評判と戦績はうなぎのぼりだ。全国高校サッカー選手権の大分県予選では過去8回優勝を飾り、大分の代表として全国の強豪と熱闘を繰り広げている。
特に、2011年年度の第90回大会では、大分県勢としては史上初の第3位に。高校サッカー界では大分県の成績・レベルはそれほど高くはないのだが、大分高校は奮闘している。

大分高校躍進の影に朴監督の存在あり!

大分高校の活躍を支えている最大の功労者といえば、文句なく、監督の朴英雄氏だろう。朴監督は韓国出身だが、32歳の時にその指導力を見込まれて大分市に招かれ、翌年から大分高校の監督として辣腕を奮っている。
朴監督の目指すサッカーは「フリーマンサッカー」だ。これは攻守にわたって選手の個性を見極めて戦術を組み立てていくスタイルで、現代サッカーでは重要な戦術の1つとされている。
あらかじめ戦術を決めて、そこに選手をはめ込んでいくのではなく、まず選手の能力や個性を分析し、チーム全体の戦力を算出してから、現状で追求できる最高のサッカーをするために戦術を柔軟に変化させていく、これがフリーマンサッカーのポイントだ。

おすすめの記事