「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年、明徳義塾高校サッカー部の大目標は、全国大会への連続出場

2017 5/15 18:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

明徳義塾高校は、2016年度の全国高等学校サッカー選手権で高知県代表として出場したチームだ。2017年も全国大会出場へ向けて、地域内外の強豪と試合を行っている明徳義塾高校の実績や今の姿を紹介する。

明徳義塾高校はスポーツの各分野でプロを数多く輩出

明徳義塾高校は1976年設立で高知県須崎市にあり、中学校を併設している中高一貫の私立共学校だ。スポーツ教育に力を入れており、サッカー、野球、相撲などのプロ選手を数多く輩出している。海外からの留学生を積極的に受け入れており、寮制度が整っている。
サッカー部は1976年の学校設立と同時に創部され、夏の全国高校総体、冬の全国高等学校サッカー選手権に過去7回の出場実績があり、高知4強の一角だ。野球部も春夏の甲子園出場の常連校だ。

2015年度の全国高等学校サッカー選手権で県勢29年ぶりの8強に

明徳義塾高校は過去、全国高等学校サッカー選手権、高校総体とも7回の出場実績がある。全国高等学校サッカー選手権では2015年度大会に臨む前まで過去3回戦進出が最高の成績だった。
しかし、2015年度大会では2回戦(初戦)で埼玉県の正智深谷高校を1対0で破り、続く3回戦も岐阜県の各務原高校を3対0と圧倒しベスト8入りした。準々決勝では前年度優勝の石川県星陵高校に0対3で破れはしたが、高知県勢としては29年ぶりの8強という満足の結果だった。

おすすめの記事