「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高知高校サッカー部は県内4強の一角を占める強豪チーム

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

高知高校はサッカーで高知4強のひとつに数えられている強豪です。全国高等学校サッカー選手権や高校総体への出場回数も県内では上位です。そこで、高知高校サッカー部の過去の成績や現在、2017年の展望までをまとめてみました。

サッカー部の創設は1964年、初代の森山監督が創部

高知高校は高知県高知市にある中学校を併設している中高一貫の私立校です。学校の創設は江陽学舎としての1999年で、1956年に現在の名称に改称されました。クラブ活動としては野球部が全国的にも強豪として知られています。高知県の高校で唯一春・夏の甲子園で全国制覇した実績があります。
サッカー部も強く、全国高等学校サッカー選手権や高校総体に多数回出場しています。サッカー部の創設は1964年で森山章雄初代監督が創部しました。

全国高等学校サッカー選手権には15回出場しベスト8が最高

高知高校サッカー部は2014年に創部50周年を迎えました。これまで全国高等学校サッカー選手権には15回、高校総体には14回の出場実績があります。全国高等学校サッカー選手権では1986年度のベスト8が最高の成績です。最近では2012年度大会に出場しましたが、1回戦で敗れています。
最高の成績を収めた1986年度大会は1回戦で対新潟工、2回戦で対古河一高に2対0で勝利。3回戦も中津工に1対0のスコアで勝利してベスト8入りしました。

おすすめの記事