「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高松商業高校はスポーツ強豪校。サッカー部も全国レベル

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stacey Newman/Shutterstock.com

高松商業高校は香川県でトップレベルのスポーツ強豪校です。甲子園での優勝経験もある野球が有名ですが、それと並んでサッカーも全国水準です。高松商業高校サッカー部の過去の実績や現状、2017年の予想までをまとめました。

サッカー部は全国大会進出常連校として燦然と輝く実績が

高松商業高校は香川県高松市にある男女共学の県立校です。1900年に高松市立高松商業学校として開校され、1948年に現在の高松商業高校に改称されました。選抜高校野球での優勝と準優勝実績が複数あり、数多くのプロ野球選手を輩出しています。
また、野球以外でもサッカー、ハンドボール、バスケットボール、テニスなど球技スポーツに力を入れており、サッカーは全国高等学校サッカー選手権、インターハイなどに出場している常連校となっています。

2016年度、高松商業サッカー部は11年ぶりに全国大会に出場

高松商業高校サッカー部は創部が1931年です。これまで全国高等学校サッカー選手権に22回出場しています。インターハイには29回出場し1995年度と1998年度には3位という最高成績を残しています。しかし、ここ近年香川県の全国高等学校サッカー選手権代表校は2006年から2014年まで9年連続で香川西高、2015年度は高松南高でした。
高松商業高校は2005年を最後に2015年まで出場から遠ざかっていましたが、2016年に11年ぶりに出場を果たしました。1回戦では1対0で惜敗しましたが、古豪復活として注目を集めました。

おすすめの記事