「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高松商業高校はスポーツ強豪校。サッカー部も全国レベル

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stacey Newman/Shutterstock.com

高松商業高校は香川県でトップレベルのスポーツ強豪校です。甲子園での優勝経験もある野球が有名ですが、それと並んでサッカーも全国水準です。高松商業高校サッカー部の過去の実績や現状、2017年の予想までをまとめました。

サッカー部は全国大会進出常連校として燦然と輝く実績が

高松商業高校は香川県高松市にある男女共学の県立校です。1900年に高松市立高松商業学校として開校され、1948年に現在の高松商業高校に改称されました。選抜高校野球での優勝と準優勝実績が複数あり、数多くのプロ野球選手を輩出しています。
また、野球以外でもサッカー、ハンドボール、バスケットボール、テニスなど球技スポーツに力を入れており、サッカーは全国高等学校サッカー選手権、インターハイなどに出場している常連校となっています。

2016年度、高松商業サッカー部は11年ぶりに全国大会に出場

高松商業高校サッカー部は創部が1931年です。これまで全国高等学校サッカー選手権に22回出場しています。インターハイには29回出場し1995年度と1998年度には3位という最高成績を残しています。しかし、ここ近年香川県の全国高等学校サッカー選手権代表校は2006年から2014年まで9年連続で香川西高、2015年度は高松南高でした。
高松商業高校は2005年を最後に2015年まで出場から遠ざかっていましたが、2016年に11年ぶりに出場を果たしました。1回戦では1対0で惜敗しましたが、古豪復活として注目を集めました。

陶山監督とサポートする内藤コーチの2人体制で指導

高松商業高校サッカー部を率いているのが陶山輝佳監督です。陶山監督は就任9年目で昨年全国高等学校サッカー選手権の出場権を11年ぶりで獲得。まさに長く苦しい道のりを歩んで来た上での快挙でした。劣勢にあっても決して諦めること無くボールを繋いでゴールに持ち込むのが髙松商業流サッカーです。
2016年はコーチとしてJリーグ鹿島アントラーズで活躍した内藤就行氏の加入も大きく、プロで培った闘争心を選手に伝授し、陶山監督流サッカーを完全サポートしました。

2016年、高松商業高校は不屈の精神力で下馬評を覆して県予選で優勝

2016年の全国高等学校サッカー選手権香川県予選は、強豪校ひしめく中で高松商業高校が悲願の11年ぶり優勝に沸きました。当初はインター杯出場の香川西校や新人戦の優勝校である藤井学園寒川高校の下馬評が高かったものの、高松商業は戦前の予想を覆す優勝でした。
しかし、初戦は5対0で圧勝したものの、準決勝までは接戦の連続でした。準決勝では最大のライバルである香川西校にPK戦で6対5で勝利。決勝も藤井学園寒川にPK戦で4対3の勝利。薄氷を踏む思いで勝利を手にしました。

耐えてチャンスをモノにする不屈のハートで2017年に挑む

高松商業は2016年、激しい接戦の末全国切符を勝ち取ったということで、精神的に大きく成長したことに間違いありません。しかし、2017年1月に行われた33高校が参加した「平成28年度香川県新人戦」で高松商業は準決勝まで進んだものの、香川西校に0対5で完敗し、新たな年は厳しい船出となりました。
実際に2017年における香川県の高校サッカー界は、実力トップと認められている香川西校を軸に、高松商業、藤井学園寒川などの有力校の争いとみられており、2年連続の全国を狙う高松商業の戦いぶりに注目です。

まとめ

高松商業高校は2016年度、何と11年ぶりに全国高等学校サッカー選手権の出場を果たしました。もちろん、2017年度も連続出場が最大の目標になります。強いライバルがいる香川県において、同校がどんな戦いを見せるのか、大いに注目です。

関連記事

おすすめの記事