「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

徳島市立高校は、公立校ながらサッカー部のレベルは県内トップクラス

2017 5/15 18:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

徳島市立高校は通称「市校」と言われ、スポーツ部の活動が目立つ公立高校だ。特にサッカー部は後にプロで活躍している選手もおり、サッカー部入りを希望して進学してくる中学生も多数だ。徳島市立高校サッカー部について解説する。

スポーツの部活動は、サッカーを始め他の球技なども盛ん

徳島市立高校は1962年に設立された徳島県徳島市の男女共学高校で、理数科と普通科がある。部活動が盛んで、特に創部が1965年で50年以上の歴史を誇るサッカーが県内で常に上位を争うトップレベルの水準にある。他にはハンドボール、バスケットボール、剣道などの強豪校として存在が確立されている。
また、文化系ではクイズ研究同好会が全国高等学校クイズ選手権の全国大会へ出場したことでも学校の名が知れ渡った。

徳島市立高校はパスを繋いでゴールを目指すのがスタイル

徳島市立高校サッカー部の監督は河野博幸氏で、1991年の全日本ユース選手権や1992年のインターハイ優勝を飾った徳島市立高校のメンバーだった。
卒業後は徳島商業高校サッカー部で指揮を執るなどの経験を経て、2014年から徳島市立高校に転任した。河野監督が指導しているサッカーは、とにかく細かいパスを繋ぎながらゴールへ向かうという徹底したパスサッカーのスタイルだ。体格に恵まれていない選手が多くてもそれぞれが細かい技術を磨けば、全員でゴールを目指せるというのがポリシーだ。

おすすめの記事