「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校生年代の真の日本一を決める高円宮U-18サッカーリーグとは?

2017 4/12 20:20芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生年代のチャンピオンを決める大会

高円宮U-18サッカーリーグは高校年代の真の日本一を決める大会だ。 日本のサッカー界では高校生年代を2種と呼ぶが、この2種には2つのタイプのサッカーチームがある。
1つは高校のサッカー部で、もう1つがクラブチームだ。高校サッカー部は学校の部活動という日本独特のシステムによって成り立つチームで、日本サッカーを古くから支えてきた歴史がある。一方のクラブチームは学校という括りではないサッカーチームで、Jリーグ開幕を機にJリーグの下部組織として力のあるクラブチームが出現し存在感を増している。
これまで、部活とクラブチームはどちらも日本サッカー協会に登録されているチームではあるのだが、全国高等学校体育連盟と日本クラブユースサッカー連盟ということなる連盟に所属しているため、基本的に公式戦で対戦することはなかった。
それぞれの連盟に全国大会があって、部活にはインターハイや高校選手権が、クラブにはクラブユース選手権があり、それぞれの日本一を決めていた。 部活とクラブでは試合での交流も少ないということもあり、両カテゴリーのチームが参加できる大会として高円宮U-18サッカーリーグが誕生したのだ。

リーグの概要

リーグの誕生は2011年で、それまで高校とクラブが対戦していた高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会の後継大会としての位置付けでスタートしている。
リーグは1部?3部で構成されていて、1部は東西それぞれ上位10チームずつの計20チームから構成されているプレミアリーグだ。プレミアリーグはチームの所在地によってEASTとWESTに分かれている。EASTとWESTのリーグ1位同士がチャンピオンシップという決勝大会を行い、その試合に勝ったチームがその年の真の日本一となる。またEAST、WESTの各下位2チームの計4チームは後述するプリンスリーグへと降格する。
2部はプリンスリーグと呼ばれ、全国を9つの地域に分けて各地域のチャンピオンを決定する。各地で上位に入ったチームはプレミアリーグ参戦権をかけた参入戦に進出し、次年度のプレミアリーグ参戦チームを決める。またプレミアリーグ同様、プリンスリーグの下位チームは3部となる都道府県リーグへと降格する。
都道府県によってチーム数が異なるため、その中で1部、2部、3部など、複数のディヴィジョンに分かれて構成される。1部の上位チームはプリンスリーグへの参戦権をかけた参入戦へ進出することができる。

おすすめの記事